コンテンツへスキップ

ローン申込み時に必要になる担保とは

高額のローンを利用する場合、担保を用意するという方法があります。金融会社からすれば、ローンで貸したお金の回収がうまくいかなった時には、担保を回収させてもらうという選択肢が保険になります。

担保は、人的担保と、物的担保という、2種類の担保があります。連帯保証人や、連帯債務者が人的担保であり、不動産や、証券が物的担保です。物的担保は、返済ができなくなった時にその物件を処分し、その費用を返済に回します。極端な言い方をするなら、ローンが返せなければこの物件を売り払って構いません、という約束を事前にした上でお金を借りるわけです。人的担保と異なり、担保に取った物件が逃げたりしないという利点があります。評価価値の高い担保があれば、有利な借り入れが可能です。大口で長期の融資や、金利も安くなりますので、非常に重宝します。どんな家や土地でも担保にできるというわけではありません。ローンの審査を行う時に、担保の試算価値についてもじっくり診断されます。新しく家を建てる時には物的担保を使いやすいのは、土地や建物は債権回収がやりやすいためです。しかし、成立と費用に手間がかかるため、住宅ローンや企業間の取引など、大口のローンに対して使われることが多いようです。教育ローンを組む時や、無担保ローンの返済に用いることもあります。審査が甘い消費者金融