コンテンツへスキップ

ローン残価設定をした上で新車を購入

6年程前、当時乗っていた車が故障してしまい廃車となりました。
その車自体はローンを抱えていなかったのが不幸中の幸いでしたが突然の事で車購入に回せるお金があまり無い状況、
しかし生活する上で車は必要だったのでディーラーへ行って相談しました。

すると、ローンの一部の残価を設定すれば月々の支払いを安く出来るという提案を頂いたので、その時は迷わず残価設定の5年ローンで新車を購入しました。
事故も無く、自分なりにドレスアップを楽しんだりしていくうちにどんどん愛着が湧いてきたので、残価の事などすっかり忘れてしまっていました。

ところが、4年半過ぎた頃にディーラーから連絡があり、残価分を新たにローン組んで乗り続けるか、
下取りに出して新たに新車乗り換えるか、そのままディーラーへ車を返却するかの判断を迫られました。

ローンを組み直せば24回払いが限度で月々の支払いが今までの倍近くになるので却下、
車を返却すれば当然車が無くなってしまうのでそれも却下、結局また新たに残価設定のローンで乗り換える事になりました。
たまたま次に乗りたい車があったから良かったものの、もし気に入ったのが無ければどうする事も出来ませんでした。
今の車も大切に乗っていますが、次の事を考えるとお金を稼ぐ、貯めて繰上げ返済した方がよさそうです。