コンテンツへスキップ

為替スワップポイントの注意点

スワップとは、為替取引を行ったことで発生する二国間の金利差のことになります。どのような点に留意をして、スワップポイントを理解すべきなのでしょう。1つはスワップポイントは、

あくまでも通貨間の金利差によって生じるということです。どちらかの通貨の金利水準が変化すればスワップポイントも変わってきます。現時点で、日本はほぼゼロ金利状態が続いています。もしもドルより高金利通貨になった場合は、スワップポイントは今とは逆にドルを買うとマイナスになるというわけです。スワップ益を得るために高金利通貨の長期保有をもくろんだとしても、もしも金利が変動してしまったら、期待していた利益が入らないということがあります。もうひとつはレバレッジの問題です。もともとの投資金額に関係なく取引金額に対して計算されるのが為替スワップポイントの特徴です。1万ドルを1年間保有していた場合、現状の金利差ならば1年後のスワップポイントは5万円以上です。しかし、証拠金が5万円だったならレバレッジは相当な倍率です。1万ドルを持ち続けることができればスワップポイントは入りますが、レバレッジの高い取引になりますから、為替レートが数円変わるだけで損切りされてしまうことは火を見るより明らかです。数円の余裕で、1年間ポジションを持ち続けられる可能性はほとんど無いといえるでしょう。含み損が多くなった時点で更に資金を投入するやり方もありますが、相場の値動きは予測しづらいものです。為替取引を行う場合、大抵はスワップポイントより相場の変動で得られる売買損益の方が大きくなりがちです。為替スワップポイントを長期的に得ようとする場合には、かなりレバレッジを低めにして資金的にも余裕を持って取引したほうが良いでしょう。ブラックでも即日融資可能